借りる事

お金を借りる事

借金の金利が物価と共に下がっている事をご存知でしょうか?特に最近での出来事なのです。 業者から利息を下げますと言われるような事があった人も多いと思います。 それに対して、本当かな?と思ってしまう人もいるかもしれませんが、これは確かにその通りなのです。 最近になって、消費者金融の業者の利息は借りるのに、ここから下がってきています。 これは貸金業法の施行によるものとなっており、確かに金利を下げる業者は増えてきているものと結果としてこれがゴールになっているのですね。 これは2006年には、貸金業法が施行され、近い将来には、グレーゾーン金利と呼ばれるものが一律で撤廃される事になりました。 これに合わせて、それぞれの消費者金融は、年利を18%程度まで半分近くに引き下げているというのです。 さて、通常この18%程度の金利なのですけれども、それでもまだまだ高い方とも世間では言われています。 債権名義というものがあります。 この債権名義と呼ばれるものが、実際に昔からここ日本にはあります。 これは裁判における勝訴判決や、執行証書、そして和解調書などの事をさしていうものです。 この債務名義がある場合は、早い段階で、給料、そして自宅の不動産などの、自分の今ある財産に対してです。 そして差し押さえを受ける可能性がある場合がありますので、注意をしておくようにしましょう。 もしこれが仮にこれが万が一将来の借金の整理を考えている場合です。 この債務名義に心当たりがあるような場合は、弁護士、または、ここでは司法書士にその旨をすぐに的確に伝えるようにしてみましょう。 事前にストレスやトラブルを極力避けるようにしましょう。

クレジットカードでお金を借りる方法

書類として後世に残す事

また、それに伴って、借りる業者から、白紙の委任状に有無を言わさず万年筆で署名です。 そして捺印をするように言われるような事があるという怖い話もあります。 ですが、この白紙の委任状に対しての署名や捺印は言い訳をして絶対にここでは控えるようにしてください。 誰に、何を委任するのかという事を正確に特定していないものとなっています。 そしてこれにミスで捺印をしてしまうととても厄介な事になってしまうでしょう。 自身が思ってもいなかったような法律行為に対してでもです。 この委任状を使う事ができてしまうものとなってしまいます。 また、さらに他人にそれを代理されてしまうような事さえあって、最終的には結局これは非常に危険なものであったりするのです。 借金のタイムリーな現場ではもちろんのことながら、白紙委任状はさまざまな場において将来的にも危険なものとなってしまうのです。 絶対に署名、そして捺印は簡単にはしないようにしてください。

記事一覧